2009年11月28日

入笠山(2009/11/21)

今年初めて入笠山に行ってきました。週始め(?)に降った雪が山道の日陰に残っていて、所々凍っていて怖かった(^^;

考えてみると、こんなに遅い時期に登ったのはこのとき以来かも。連休明けにスキー場の雪を作るらしくて、これ以降入笠山での撮影は厳しいですね。

今回の星空は条件が大変よく、19時から24時まで撮影が堪能できました。氷点下6度で寒かったけど。















あちこち雪だし、氷点下だけど、珍しくほぼ無風だったので長時間撮影できました。

空も入笠にしてはかなり暗く、銀河もよく見えたし。


自動車に泊まって、朝起きたら窓ガラスが凍ってた。内側と外側両方。



暗いうちに着いたのでわからなかったけど、結構な積雪です。





いつもの駐車場もこんな感じで凍っていて進入できず。

充分に堪能した入笠の星空でしたが、今年はこれでお終いです。また来年。
posted by さひろ at 11:26| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

XPにeVC4インスト

VAIO typeZをメインにする環境も整ってきたので、わざわざXPにした理由の1つ、eVC4(eMbedded Visual C++ 4.0)をインストすることに。

で、ややこしいこともあるので、覚え書きを。

まずお守りのeVT(eMbedded Visual Tools 3.0)をインスト。

 1.Embedded Visual Tools 3.0。evt2002jweb_min.exe(他プラットフォーム環境なし)を解凍、インストフォルダをC:\Program Files\Windows CE Toolsにしてインスト。
 2.Pocket PC 2002 SDK。PPC2002_SDK.exeを解凍、インスト。
 3.Pocket PC 2002 日本語エミュレータ。Japanese-NoRadio.exeを解凍、インスト。

これでeVTのインストは終了だけど、ここで問題発生。
なにやら『システムが不安定になるので、エミュレータのドライバはインストしないよ』と。おいおい(^^;

とりあえず、eVC4のインストを進めることに。

 4.ActiveSync4.5。ActiveSync4.5setup.msiインスト。
 5.eMbedded Visual C++ 4.0。JA_eVC4.exeを解凍、インストフォルダをC:\Program Files\Windows CE Toolsにしてインスト。
 6.eMbedded Visual C++ 4.0 Service Pack 4。evc4sp4JPN.exeを解凍、インスト。
 7.Microsoft POCKET PC 2003 SDK。Microsoft POCKET PC 2003 SDK.msiインスト。
 8.Windows Mobile 2003 Second Edition Developer Resources。Windows Mobile 2003 Second Edition Developer Resources.msiインスト。
 9.Windows Mobile 2003 SEエミュレータ。Windows Mobile 2003 Second Edition Emulator Images for Pocket PC - JPN.msiを、インストフォルダをC:\Windows CE Tools\wce420\POCKET PC 2003\Emulation\JPNにしてインスト。

ここでまたも問題発生。やっぱりエミュレータは不安定だからダメだと。
仕方ないので、示されているサポートページを覗いてみる。
XPの起動オプションを手動で変更しなければならないらしい。

10.XP起動オプション変更。マイコンピュータからシステムのプロパティを表示、詳細設定タブを選択。起動と回復の設定を開き、起動システムの編集ボタンを押す。boot.iniがメモ帳で開くので、/noexecute=〜を/execute=〜にする。/paeがあったら削除しろと書いてあるが、元々なかった。boot.iniを保存してメモ帳終了、システムプロパティもOK押して保存して再起動。以上でエミュレータが起動できた。

11.ActiveSync設定。再起動するたびにActiveSyncが『赤外線ポートがないぞ』などとうるさいので、ActiveSyncの接続の設定を開いて、『以下のいずれかの接続を有効にする』をDMAに設定する。

12.Windows Mobile 6デバイスエミュレータ。Windows Mobile 6 Professional Images (JPN).msi、Windows Mobile 6 Standard Images (JPN).msi、Windows Mobile 6.5 Professional Developer Tool Kit (JPN).msi、Windows Mobile 6.5 Standard Developer Tool Kit (JPN).msiをインスト。

…これで一応完了。

本当はWM5SDKとかも入れたいんだけど、Visual Studio 2005 Standard Edition以上をインストしないと、入れられない。

VS2005Stdも持ってるので、いつかは入れるだろう(ていうか、早く入れろ(^^;)けど、eVC4で困ってないのとVS2005環境は色々やっかいな話を聞くので、後回し(^^;

VAIO typeZは今までより画面が横に広がった(1024x768→1600x900)ので、ソースが見やすくなった。コンパイルも早いし、わざわざXPにして良かったです〜
posted by さひろ at 20:15| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VAIO typeZ XP環境のバックアップ

ようやくVAIO typeZをメインマシンにする環境が整いました。
3回XPインストールした(^^;

アクティベーションが大嫌いなので、ずっとWindows2000を使ってましたが、VAIO typeZではそうもいかないので。実は初XP。世の中はWin7だというのに(^^;

アクティベーションした最小環境をバックアップしておけば再インストールが楽だろうと、バックアップソフトを色々漁ってたんだけど、起動ディスクからSSDを認識できるソフトがなかなかない。
XPインスト時も苦労したけど、ここでも特殊なSSD RAIDモデルが問題に。

結局フリーソフトでは見つけられなかったので、True Image Home 2009を購入。
実はここでも2つ問題が発生。

 1.ダウンロードできない
 2.作成した起動ディスクでSSDを認識しない

いちいちメディアを購入するのも面倒だったので、ダウンロード版を購入したんだが、いざソフトをダウンしようとすると失敗してしまう。
専用ページでダウンロードできるのも基本的に1週間ということなので多少焦ったけど、Firefoxで無事ダウン成功。IE6なのがいけなかったのか。
基本的にテスト用のバイナリと変わらないんじゃないかと思われるので、まあそんなに問題ではないけど。

もう1つはテスト用のバイナリでSSD認識を確認したにもかかわらず、正規購入した起動ディスクで認識しないという不当なもの。

なぜかはわからないけど、USBやSCSIなどのドライバを備えた完全版の起動ディスクだとSSDを認識しない。Safe版だと無事認識できたので、ひとまず安心。でもSafe版だと、ひょっとしたらUSB接続のストレージを認識できないのかも。

昔からの癖で1つのHDDでもシステムとデータの2つにパーティションを分けるので、とりあえず問題なし。


…というわけで、ようやくまともに環境構築できるようになったのでした。思いの外、SSD RAIDモデルは問題が多いね。まあデフォルトのVista使わないのが悪いんだけど(^^;
posted by さひろ at 18:08| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。