2011年11月23日

PosEdit

PosEdit

■ソフト紹介■

月や惑星の出没時刻・方角などを表示するTodayプラグインMoonMeterの補助ソフトです。

MoonMeterの場所に関する経緯度・高度・時差・夏時間設定を編集、切り替えることができます。

MoonMeterの場所・時計の表示方法と、koyomiというTodayプラグインの経緯度設定も可能です。




■インストール■

MoonMeterのインストールcabファイルをデバイス上で実行することで、インストールされます。

インストールフォルダは\Program Files\MoonMeterで、MoonMeterの左側タップ&ホールドで起動するようになっています。

アンインストールは、設定フォルダにあるプログラムの削除からMoonMeterをアンインストールしてください。
その際、編集したiniファイル等も削除されますのでご注意ください。

PosEditはMoonMeterとkoyomiのレジストリ以外、レジストリを使用しませんので、必要なければ単純にプログラムファイルを削除しても大丈夫です。




■概要■

画面は上下2つのリストと、その間にあるボタンで構成されます。

PosEdit



リストはどちらも同じ表示形式で、行ごとにデータの有効無効・地名・時差・メモが表示されます。No.は単なる目安です。
上部の列見出しをタップすることで、それぞれの項目ごとにソートすることができます。
列見出しの境界をドラッグすることで、表示幅を調整できます。

上のリストはワークリストで、PosEdit起動時にMoonMeterのレジストリ内容が読み込まれます。
MoonMeterレジストリへの書き込みもこのリストの内容No.0〜19までが書き込まれます。
書き込みはWorkメニューから行います。

下のリストはストックリストで、PosEdit起動時にプログラムと同じフォルダにあるPosEdit.iniの内容が読み込まれます。
編集した内容は別のiniファイルを読み込むとき、もしくはプログラムを終了するときに保存されます。
プログラムの終了はWorkメニューから行います。


ストックリストは、上下リストの間にあるコンボボックスによりカテゴリを切り替えて表示することができます。
▼ボタンを押すことでドロップダウンリストを表示、登録されているカテゴリを選択することでリスト表示切替ができます。

カテゴリ一覧

コンボボックスの右横にある[+]ボタンは新規カテゴリ作成ボタンです。
コンボボックスのテキストボックスにカテゴリ名を入力し、[+]ボタンを押すと新しいカテゴリが作成されます。

その横にある[R]ボタンはカテゴリ名変更ボタンです。
コンボボックスのテキストボックスに新しいカテゴリ名を入力し、[R]ボタンを押すと新しいカテゴリ名に変更されます。

コンボボックスの左にあるチェックボックスは編集禁止ロックです。
チェックするとそのカテゴリはソートや追加・削除など一切の編集ができなくなります。

その横にある一番左のボタンはストック書き込み終了ボタンです。
現在のストックリストの内容をレジストリに書き込みプログラムを終了します。

コンボボックスのテキストボックスに検索文字を入力してEnterもしくはActionボタンを押すと、現在のカテゴリから地名・メモを検索、該当データを表示します。

検索


各リスト間のデータのやり取りは、クリップボードによるコピー&ペーストが基本です。
コピー・貼り付け・削除など様々なコマンドはメニューから行います。
ワークリストに関するコマンドはWorkメニューから、ストックリストに関するコマンドはStockメニューから行います。




■カテゴリ■

ストックリストはカテゴリごとにデータを切替表示します。
カテゴリ最大数は1つのiniファイルに100個です。


iniファイルには閉じられたときのカテゴリが記録され、次の読み込み時に表示されます。


カテゴリには特殊なものがあります。用途が予約されているので、別の用途に使用することはできません。

・_REG_BAK…レジストリに書き込むとき、書き込み前のレジストリの内容がこのカテゴリに登録されます。
 ストックメニューのレジストリ戻で、この内容をレジストリに書き込むことができます。
 このカテゴリは編集禁止ロックされ、編集することができません。カテゴリ名の変更もできません。
 iniを閉じる(終了する・他のiniファイルを開く)と、そのiniファイルに保存されます。

・_SEARCH…コンボボックスによる検索結果はこのカテゴリに登録されます。
 このカテゴリはカテゴリ名の変更ができません。
 iniを閉じる(終了する・他のiniファイルを開く)と、内容は失われます。
 検索結果をカテゴリに登録するなど再利用される場合は、クリップボードをご利用ください。


予約されたカテゴリ・既に存在するカテゴリ以外の名前を、追加・変更カテゴリ名として使用できます。
追加・変更には、コンボボックスに新しい名前を入力して、カテゴリ追加ボタン[+]もしくはカテゴリ名変更ボタン[R]を押します。

ただし、自動補完が働くのか、既に存在するカテゴリ名の初めの部分のカテゴリ名は、追加・変更できません。

例えばJapanというカテゴリをJapと変更することができません(自動的にJapanと補完されてしまうため)。
この場合、例えばJpnなどと、初めに使用されていないカテゴリ文字列に変更してから、改めてJapと変更するなど工夫する必要があります。

どうやらWindowsMobileのコンボボックスの仕様のようですので、ご了承ください。


iniファイルはテキストファイルですので、直接編集することも可能です。
場合によっては、テキストエディタで直接編集した方が簡単かもしれません。




■リスト操作■

リスト上をドラッグすることによって、ソート順変更・カテゴリ切替をすることができます。


リストを上下にドラッグすると、選択されているデータを上下に移動して順番を変えることができます(ソート順変更)。
ただし、この方法でソート順を変更すると、変更前のソート順は失われます。

ストックリストでは、列見出しをタップすることによるソート順変更の場合、No.の列見出しをタップすると元のソート順に戻すことができます。
ワークリストでは、元に戻すことができませんので、レジストリの読み込みで戻すしかありません。


ストックリストでは、左右にドラッグすると、カテゴリを切り替えることができます。

よく使うデータをカテゴリでまとめておけば、左右ドラッグでカテゴリ切り替え、ストック書き込み終了ボタンで書き込みと、
特にメニューを呼び出すことなくMoonMeterの場所を切り替えることができます。


ドラッグ検知は擬似的に行っているので、OSのバージョンは問いませんが、軽いタッチでは行えません。
うまくいかない場合は、タップ&ホールドするつもりでしばらく押さえてから動かしてみてください。


PosEditはワークとストックの2つのリストを表示していますが、片方だけの表示にしてデータをたくさん表示することができます。

ワークリスト拡大

ストックリスト拡大

Work、Stockメニューからワイドを実行すると、それぞれのリストを広くしたり元に戻したりできます。




■編集■

メニューの編集・追加で編集ダイアログが表示され、データの編集ができます。

場所編集

[x] [ニューヨーク ]…チェックボックスチェックで場所設定を有効にします。場所の名前を設定します。

緯度[40.71277] [ ] 経度[-74.00611]…緯度と経度を設定します。南緯・西経の場合はマイナス値で設定します。
チェックボックスチェックで、時差が経度により簡易設定されます。

標高[0 ] [ ] 時差[-5.0 ]…標高と時差を設定します。
標高は比高/標高と記述することで、比高(谷底と山頂の差)を設定することもできます。
時差は時間単位の小数値です。
チェックボックスチェックでシステムの時差が設定されます。

[ ]:[ ]:[ ] [>] [ ]…度分秒を小数値の角度に変換します。
度・分・秒をそれぞれ入力して[>]ボタンを押すと変換された小数値が表示されます。
変換された小数値は文字列としてクリップボードにコピーされ、緯度・経度などに貼り付けることができます。

[夏時間] [03/S2 02;11/S1 02 ]…夏時間を設定します。
設定文字列を入力するために、[夏時間]ボタンを押すと夏時間設定ダイアログを表示します。
例では3月第2日曜日午前2時から11月第1日曜日午前2時までと設定されています(アメリカの設定)。

メモ [USA ]…メモを設定します。説明などを書くとデータがわかりやすくなります。
検索もされるので検索文字列を設定するといいでしょう。
この内容はレジストリには書き込まれません。

[ ]…ダイアログが表示されるとき、クリップボードにある文字列を表示します。
GPSなどの位置情報をクリップボードにコピーするツールと併用するといいでしょう。




■夏時間■

夏時間設定文字列を設定します。

夏時間設定

開始 [3月 ▼][2 ]時…夏時間開始月と時刻を設定します。
時刻にはマイナス値も設定できます(イースター島など、本国と離島で同時に開始したりするため)。-2時は22時のことです。

 ● [第2 ▼][日曜日 ▼]…ラジオボタンで夏時間開始曜日か日にちを選択します。曜日は第1〜最終曜日を設定します。
 ○ [1 ]日


終了 [10月 ▼][2 ]時…夏時間終了月と時刻を設定します。
終了時刻は進んでいる夏時間の時刻で設定します。この設定法では、欧州の場合、開始時刻と終了時刻が同じにならないので注意してください。

   [第1 ▼][日曜日 ▼]…夏時間終了曜日・日にちを設定します。曜日は第1〜最終曜日を設定します。
   [1 ]日


夏時間の設定は流動的で、廃止されたり期間の変更・延長もよくあります。
インストール時のデータはある程度注意して調べたものですが、完全に信用できるものではありません。
特に日付で設定されているものは、2011年限定のものなので、気をつけて運用してください。




■メニュー■

メニュー操作は、ワークリスト関連をWorkメニューから、ストックリスト関連をStockメニューから行います。

・Work

Workメニュー

 貼り付け…ワークリストの選択位置にクリップボードの内容を貼り付けます。
 切り取り…ワークリストの選択データをクリップボードに切り取ります。
 コピー…ワークリストの選択データをクリップボードにコピーします。
 編集…ワークリストの選択データを編集します。
 追加…ワークリストの選択位置にデータを追加します。
 読み込み…ワークリストにMoonMeterの場所レジストリ内容を読み込みます。
 書き込み…ワークリストの内容をMoonMeterの場所レジストリに書き込みます。
 書き込み前の場所データをストックリストの_REG_BAKカテゴリに登録します。

 レジストリ…MoonMeterのレジストリを設定して、主な表示形式を変更します。

Workレジストリメニュー

  メニュー時計…MoonMeterの場所一覧メニューに現地時刻を表示します。
  場所名…MoonMeterの場所情報の地名を表示します。
  経緯度…MoonMeterの場所情報の経緯度を表示します。
  高度…MoonMeterの場所情報の標高を表示します。
  標準時…MoonMeterの時計を標準時刻表示します。
  地方時…MoonMeterの時計を現地時刻表示します。
  時差…MoonMeterの時差を表示します。

 拡張

Work拡張メニュー

  緯度…緯度でワークリストをソートします。
  経度…経度でワークリストをソートします。
  標高0…レジストリ書き込み時、全てのデータを標高0として書き込みます。
  比高…レジストリ書き込み時、全てのデータの比高をMoonMeterの標高として書き込みます。
  比高が設定されてない場合、標高0として書き込みます。
  標高…レジストリ書き込み時、全てのデータの標高をMoonMeterの標高として書き込みます。
  koyomi…ワークリストの選択データの経緯度をkoyomiのレジストリに書き込みます。
  全て選択…ワークリストのデータを全て選択します。

 終了…PosEditを終了します。
 ワイド…ワークリストの拡大をトグルします。


・Stock

Stockメニュー

 セット…ストックリストの選択データをワークリストの先頭位置に貼り付けます。
 全てセット…ストックリストの内容をワークリストにします。
 コピー…ストックリストの選択データをクリップボードにコピーします。
 切り取り…ストックリストの選択データをクリップボードに切り取ります。
 貼り付け…ストックリストの選択位置にクリップボードの内容を貼り付けます。
 編集…ストックリストの選択データを編集します。
 追加…ストックリストの選択位置にデータを追加します。
 ソート固定…現在のストックリストの表示順を標準の表示順として登録します。

 拡張

Stock拡張メニュー

  緯度…緯度でストックリストをソートします。
  経度…経度でストックリストをソートします。
  koyomi…ストックリストの選択データの経緯度をkoyomiのレジストリに書き込みます。
  開く…現在のiniファイルを閉じ、新しいiniファイルを開きます。
  カテゴリ削除…現在のカテゴリを削除します。カテゴリに登録されたデータは失われます。
  レジストリ戻…_REG_BAKカテゴリに登録されている、前回のMoonMeterの場所データを書き戻します。
  代わりに書き戻し前の場所データを_REG_BAKカテゴリに登録します。
  ワークコピー…ワークリストの内容を新しいカテゴリとしてストックリストに登録します。
  全て選択…ストックリストのデータを全て選択します。

 ワイド…ストックリストの拡大をトグルします。





■多言語対応■

PosEditではMUIを用いた多言語化に対応してます。

MUIファイルがない場合は、英語(アメリカ)表示になります。

日本語版のcabファイルをインストールすると、\Program Files\MoonMeterフォルダにPosEdit.exe.0411.muiという日本語化MUIがインストールされます。




■対応機種■

Windows Mobile 2003以降。




■バージョン履歴■

ver. 0.05a
・公開。




■サポート■

プログラミングはずぶの素人なので、たくさんバグが潜んでいると思います。
フリーソフトなので自己責任で使用してください。




■謝辞■

非常に有益な情報やソフトをネットで公開してくださっている
作者の皆様に感謝いたします。

posted by さひろ at 15:54| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。